特集 つぶぞろい JA秋田しんせい(由利地域東中沢地区) | ざ・けいほくOnLine

つぶぞろい

秋田県由利本荘市の産品のご紹介

KEIHOKUと秋田県由利本荘市は「まるごと売り込み連携協定」を締結しています。

鳥海山の恵みを受けた由利本荘市の地域産品について、掘り起しや売れる商品づくり、そして「由利本荘ブランド」の確立と、本物志向の品揃えをするKEIHOKUと、お互いより良い関係を築き発展させていこうということで一致し、平成27年5月14日に「まるごと売り込み連携協定」を締結いたしました。

今号では、地域産品の一部をご紹介いたします。

 秋田県で栽培される米は「あきたこまち」「ひとめぼれ」「ゆめおばこ」「めんこいな」などがありますが、近年の気温の上昇により稲が稔る前の高温を避けるために、長年かけて晩稲の品種改良を行い、平成28年に「秋田59号めんこいな」と「奥羽366号ちゅらひかり」をかけあわせた「つぶぞろい(秋田97号)」が誕生しました。

粒が大きく、粘り・味・香りのバランスがよいお米です

つぶぞろいは秋田県内にある米の産地の中でも、沿岸部がもっとも栽培に適した地域となっています。

 つぶぞろいの特徴は、まず粒が大きいことです。

1,000粒の米の重さを比べてみると、一般の米は22〜23gのところ、つぶぞろいは25〜25.5gあります。

そして、噛むほどに甘みが増し、粘り、味、香りともバランスが良いお米です。

生産者の方からお話を伺うバイヤー

秋田県産つぶぞろい 約2Kg 1,100円+税

秋田県産つぶぞろい 約5Kg 2,600円+税

※すべての商品の価格は2017年8月現在のものです。

ざ・けいほくバックナンバー