食と環境を考える京北スーパー

グローバルナビ

特集!ざ・けいほくオンライン

長崎県特集

雲仙こぶ高菜

長崎県雲仙市 守山女性部加工組合

雲仙こぶ高菜

雲仙こぶ高菜のご紹介。

一度は消滅しそうになった幻の野菜。地元の方々が復活させ、その美味しさを全国に伝えています。

青々と育つ雲仙こぶ高菜

雲仙こぶ高菜は中国生まれの野菜で、葉の根もとに“こぶ”ができているのが特徴で、1947年頃に種が吾妻町に持ち込まれたと言われています。

交雑しやすい性質のため育てにくく、一度は消滅しそうになりましたが、種を採り続けていた農家がいらっしゃり、「地元の特産として雲仙こぶ高菜を復活させよう」という取り組みで復活されました。

高菜といえば漬物のイメージがありますが、アクが少ないのでサラダでも美味しいです。

守山女性部加工組合様では、雲仙こぶ高菜を手作りで加工し、その美味しさを全国に伝えられています。

馬場代表にお話しを伺いました

畑を見学する取材班

こぶ高菜まんじゅうを試食しました

イタリアスローフード協会から認定を受けています

ページトップへ