特集 冬の果物 坂本さんの田村みかん (和歌山県有田郡湯浅町) | ざ・けいほくOnLine

坂本さんの田村みかん

冬の果物 坂本さんの田村みかんのご紹介。

品質の高さ、味の濃さ、味のバランスが優れたブランドみかん

 和歌山県は日本一のみかんの生産量を誇る県です。

そして、和歌山県のみかんのブランドとして知られている「有田みかん(ありだみかん)」のうち、和歌山県有田郡湯浅町地区で生産されたものを「田村みかん」といい、その品質、味ともに、みかんのトップブランドとなっています。

 和歌山県では、昔からみかん栽培がさかんに行われ、和歌山県を西から東に流れる有田川を囲む山の急な斜面には、いくつものみかんの木が見られ、そのみかんの木には、海からの照り返しと潮風が当たり、急な斜面ということから水はけが良く、みかんの実に余分な水分がいかないので糖度が上がり、日照時間が長く、みかんの栽培に適してします。

  • 約190年間続くみかん農園の坂本さん

  • 収穫する長男の佳隆さん

  • みかん農園は崖のように切り立った急斜面にあります

  • 急斜面のためトロッコをつかって運搬します

 生産者の坂本さんのみかん園では、11月下旬から収穫作業が始まりますが、ほぼ垂直ではないか?と思うような斜面での収穫方法は、左手で枝を自分の手が届くところまでひっぱり、右手のみでみかん実を枝から切りはなします。

大きなみかんの木の場合は、みかんの木に登ってみかんを収穫します。

そして、山の斜面にレールがひかれたトロッコの上にみかんを乗せ、最大で1個20kgのコンテナを10個のせ、山の斜面を走らせ山の下におろしていきます。

坂本さんは日々、食味が良く色の良い、糖度の高いみかんができることをイメージしながら、みかんを育てているそうです。

急な山の斜面での大変な作業の中、丁寧に育てられた坂本さんの想いが詰まった田村みかんを、ぜひご賞味ください。

坂元さんご一家と取材班

みかんを使ったレシピ

みかんとにんじんジュースのゼリー

  1. にんじんジュース500mlに砂糖50gとしょうが汁小さじ1を加えて混ぜます。
  2. みかんの皮をむき、お好きな大きさにカットします(カットせずに丸のままでも結構です)。
  3. ゼラチン10gをお湯で溶かし、@のにんじんジュースに入れて混ぜ合わせ、カットしたみかんを加えます。
  4. 冷蔵庫で冷やし、固まったら、器に盛り付けて完成です。
ざ・けいほくバックナンバー